寝起きでも騙されませんでしたよ!!!!!

ただ、Amazonで買い物をしていたのは確かなのでちょっとびっくりしました。

ということでちょっとご注意を~!という情報をば……↓↓」

 

今朝、こんなメールが来ていました。

こちらはスマートフォン

こちらはパソコンで見たメールです。

一見通販サイト『Amazon』からの支払い変更のメールに見えます。

 

騙されないでください!!偽物です!!!!

 

メールの文面でも偽物だと気づけます。

まず、『JP-Amazon』という表記では来ません。

  • amazon.jp
  • amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

 

上記のどれかから来るはずなんです。それがこれになっています。

Amazonでは決まったドメイン名、決まった差出人名を使います。

2つ目は文章。日本語としても分かりにくい文章です。Amazonは正しい日本語のメールを送ってきます。

最後に添付されているアドレス。Amazonのウェブサイトは「http://××.amazon.co.jp」または「https://××.amazon.co.jp」で始まります。

つまりこのメールは偽物のAmazonということがわかります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

万が一、このアドレスをつないでみます。(お店のパソコンはちゃんとセキュリティをかけているので大丈夫ですが、本来はアクセスもしないでください!!)

↑こんな画面。偽物なんですよね。これ。

↑こちらが本物。

 

見分けなんてつきませんよね。

違いはアドレスです。

以外は何一つ変わりません。

 

偽物にログインし、クレジットカードの情報を入力してしまうとこうなります……↓↓

・ID,パスワードが盗まれる

・個人情報が盗まれる

・クレジットカードが不正使用される

高額請求が来たり……さらに迷惑メールが来たり……

怖いことが起こります。

 

まとめると……

・日本語のおかしいメールは疑ってください。

・身に覚えのない請求は受けない。

・公式サイトの迷惑メール・偽装メール情報を注視する。

・出所のわからないメールのウェブサイトのアドレスにアクセスしない。

以上のことを頭に置いておいてくださいね~!

騙されてからでは遅いのです~!!!


PVアクセスランキング にほんブログ村